読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

旅するニートによる「成り上がり日記」

職業「ニート」がなぜ?好きな時に旅をすることが出来るのか?その答えをこのブログに書いていきたいと思います。もちろん、旅先の情報も書きますので!

オーストラリア日記⑥ケアンズとは真逆の世界!日本で言うと東京のような場所、シドニー到着!

旅(オーストラリア編)

こんばんわ

みなさん、旅の方は順調ですか?

僕はこの旅でたくさんのことを教えてもらいました

まだまだ旅の序盤!

一歩ずつ一歩ずつたくさんのことを吸収し

ゴールを目指したいと思います

 

1、次なる目的地へ

 

ケアンズには予定通り6日間いました

騒ぎに騒ぎまくった6日間

今まで生きてきた中で一番濃い6日間かもしれません

そして、次にノーザンテリトリーに行き

エアーズロックを見に行きました

朝日に染まるエアーズロックを見に行ったんですが

ものすごく寒かったのと、大量のハエが顔まわりに...

もう最悪で最高?の思い出ばかりです(笑)

ちなみに、ハエ除けネット?みたいなのがあるので

ハエが気になる人はこれを借りれば問題ありません!

 

そして、朝日に染まるエアーズロックを見

次の目的地の、シドニーに向かいました

 

2、ケアンズとは真逆の都会のシドニー

 

さあ、1時間ちょっとのフライトを経てシドニーに到着!

空港からタクシーで予約しておいたシドニーバックパッカーに向かい

ここでも当たり前ですが格安ホテル(バックパッカー)に泊まりました

向かう車の中、タクシードライバーの人と片言英語で会話

『日本から来た』と言ったら片言日本語で話しかけてくれて

ちょっと、緊張がほぐれましたね、嬉しかったです

あと、街近くにつれて『おいおいおい、めっちゃ都会』

わかりやすく言うと、日本の東京のような感じです(想像出来ましたか?)

また、新たな出会いと新しいものに出会えるワクワクだらけです

そんなこと思ってるうちに、シドニーでお世話になるホテルに到着

シドニーには、7日間いる予定です!さあどんな出会いが待っているんでしょう?

 

3、シドニーバックパッカー

 

写真があればもっとわかりやすかったのですが

その時のiPhoneが見当たらず...今回は文章だけ!

皆さんに伝わるように頑張ります

泊まったホテルのシドニーバックパッカー

シドニー中心部ビジネス地区にあります

周りを見渡すかぎり高い建物ばかりです(本当都会ですここは)

値段は一泊約2500円

もちろん、トイレ、シャワーは共同、洗濯機ももちろんあります

無料のWi-Fiもあるんですけど部屋によっては使えないところも

パスワードはフロントで教えてもらいましょう

ケアンズにいた僕はちょっと居心地が良くなく好きにはなりませんでいた

 

4、都会のシドニーでも味わえるゆったりした時間

 

中心街から徒歩20分くらい歩いところに

『ロイヤルボタニックガーデン』と言う

オーストラリアの植物が見れてその他にも

珍種、絶滅危機にある植物などがあります

すぐそばには世界遺産の『オペラハウス』もあります

でも、僕がオススメしたいのは

綺麗に手入れがされている芝生があって

そこで、のんびり昼寝ができることです(笑)

やっぱり、こうゆうところのほうが合ってるって改めて思いましたね

 

あとは、海好きの僕には欠かせない『ボンダイ・ビーチ』

のんびり散歩したり寝たりご飯食べたり

様々なことが楽しめる場所でオススメです

休日は地元の人で賑わってますね

 

5、まとめ

 

こんな、都会なシドニーでも

オーストラリアの自然を体験出来ることがわかりました

でも、僕的にはケアンズのほうが好きです(笑)

 

ワーホリでオーストラリアに来ている人仕事を探している

そんな人はまずここへ来ることをオススメします

他へ行くよりもすぐに見つかるかもしれません

日本で仕事を求めまずどこへ行く?とりあえず東京へ!

その考えと同じでまずシドニーへ!行けばなんとかなると思います

 

まだ行ったことのない人、こんなシドニーにも足を運んでみてはどうですか?

では、また明日!真夏のこよなく愛するゆうきでした!