読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

旅するニートによる「成り上がり日記」

職業「ニート」がなぜ?好きな時に旅をすることが出来るのか?その答えをこのブログに書いていきたいと思います。もちろん、旅先の情報も書きますので!

物価の高いオーストラリア。それでも意外とお金が貯まるワーホリ事情。

旅(思い出)

こんにちわ

そろそろ日本は梅雨入りに入る頃。じめじめした日々が続きます。嫌ですね。早いところだと沖縄なんかはもう梅雨入りしたと先日言っていました。今年の夏沖縄に行く予定のなので早く梅雨が明けることを願っています。

 

そして今日は物価の高いオーストラリア。そんなオーストラリアにワーホリで行く人が最近たくさんいますね?物価は高い。でも意外と貯金も出来、いい感じの生活が送れる。『それはなぜ?』疑問に思っている方もいると思いますが、簡単に書きたいと思います。少しでも参考になれば嬉しいです。

 

節約を考えるオーストラリアでの生活

物価が高いと行く前に知ってしまったらまず初めにこれが浮かぶと思います。確かに大事です。毎日毎食外食などしていたらそれはお金も減ります。これは日本でやっても同じこと。

なので一番は自炊ですね。物は高いですがそれなりに量が多いのでこれでなんとかなりますね。僕は何日も同じ物でも大丈夫な人なのでへっちゃらです(笑)

 

飲めなくはない水道水。みなさんならどうする?

オーストラリアは水が高い高い。日本だと500mlが140円。オーストラリアだと300円くらいするんですよ!これを毎日買っていたらもう節約どころじゃありません。水道水が飲めないわけではないんですが、ちょっと癖がありますと言うかやっぱり美味しくはないですね。

 

ワーホリで嬉しいオーストラリアの最低賃金

これ聞いたら驚きます。アルバイトの時給の最低賃金が日本円で約1500円。すごいですよね?日本も最近上がったりしていますがそれでも800円とか850円。ほぼ倍の時給です。これだと、貯金が出来ない人だって嫌でも出来てしまいます。それに効率良く働くことだって出来るし自分の時間もちゃんと作ることだって出来る。

 

英語力、技術などが備わっている人はもっともらえるところもありますし、逆に英語力がない人だったりする人だと下がる場合もあります。

オーストラリアにはたくさんの日本食レストランがありますので英語が出来なくても働けます。その分、時給は下がりそれでも日本よりは高いと思います。

 

ワーホリで行ったら貯金が増えた

ワーホリで行けば勝手に増えるという意味ではありません(笑)ちゃんと働きますよ。

こんなことをよく聞きます。『行く前より、行った後の方が貯金がある』これすごいですよね?別にお金を貯めにオーストラリアに行ったわけでもないのにお金が貯まる。

やっぱり時給がいいからなんですよ。なので普通に働いて遊んでって日本と同じことをしていてもお金が貯まる。日本にいる時よりも贅沢が出来るかもしれません。

 

ワーホリが使えるのは18歳〜30歳まで。期間1年。場所によっては2年行ける場所もあります。オーストラリアはセカンドビザが取れて最長で2年。そして一つの国で一回しか取れないビザ。

この間、何をしてもいい。学校に行きたい人は行く、働きたい人は働く、お金に余裕があるなら、自由にラウンドする、選択肢は人それぞれ。

 

毎日同じ生活に飽き刺激が欲しいって人、新しい何かをやりたい、海外で生活してみたい。そんな人はぜひ、ワーホリで海外へ!まだ見ぬ新しい自分に出会えるはずです。

 

時間は待ってくれません。迷ったら行くべきです。

その一歩がまた次の一歩に繋がるはず。

 

ではまた。オーストラリアをこよなく愛するゆうきでした。