読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

旅するニートによる「成り上がり日記」

職業「ニート」がなぜ?好きな時に旅をすることが出来るのか?その答えをこのブログに書いていきたいと思います。もちろん、旅先の情報も書きますので!

日本と世界の差!18歳で代表に選ばれるイングランド代表ラッシュフォード!

サッカー

 こんばんわ

今日も夜勤で今帰りです。週に何回かこんなことがあります。なのでブログを書くのも遅くなり変な時間での更新になってしまいます。そのあたりはお許しを(笑)

 

今日は先ほど発表がありましたイングランド代表のEUROのメンバーに入りました『マーカス・ラッシュフォード』のことについて書きたいと思います。

18歳での代表。この歳は今年8月に行われるリオオリンピックに出れる年齢。さらに4年後もまだ22歳。そう考えると恐ろしい存在ですよね?

 

『マーカス・ラッシュフォード』

1997年10月31日生まれの18歳。所属チームはプレミアリーグの強豪マンチェスター・ユナイテッド。ポジションFW。背番号39。右利き。マンチェスター・ユナイテッドの下部組織出身。サッカーを始めたのは地元のクラブです。

世代別のイングランド代表にも選ばれています。

 

『世界に衝撃を与えたデビュー戦』

最近のマンUは若い選手の活躍が目立ちます。ラッシュフォードの他にアントニー・マルシャル(フランス代表)もいます。この選手もまだ若干20歳で代表に入っています。それで、デビュー戦はこの選手の代わりに出場しました。

UEFAヨーロッパリーグのミッティラン戦のスタメンで出場するといきなり2ゴールの活躍。1stLegを落としたチームを救ったのです。

 

『代表でのデビューとゴール』

今年、EUROの候補メンバーに初めて選出されました。その後オーストラリアとの親善試合で初ゴール。そのゴールは最年少記録にもなりました。この歳で代表を経験し、試合でも結果を残す。今後に繋がるいい経験になりますよね。

 

『これからの活躍にも期待』

マンUと2020年までの契約更新をしたそうです。今までは週給約8万円。これが契約更新で週給約400万!50倍のアップです。夢がある職業ですね。誰もが憧れるわけですよ(笑)

それだけチームに期待されているってことにもなりますしまたどんどんと給料もアップするわけですし楽しみな存在です。

 

『現時点の日本代表』

若くしてフル代表に入り活躍すること。そして国際大会を経験すること。やはりこれはいいことですよね?これはチームとしても個人としてもさらにレベルアップにもなります。このような選手が世界にはたくさんいます。

 

さて、日本にそんな選手がいるでしょうか?

 

今回のU23日本代表はやはり国際大会を経験している人が少なく経験不足なところが目立つ時もあります。この歳なら、もうフル代表で活躍してチームの中心になっていてもおかしくありません。上の世代を脅かす存在にならないとチームとしてレベルが上がりません。

 

中村俊輔中田英寿などこの時代に比べるとあまりにも少なすぎている気がします。

 

南野久保など海外に出ている選手もいますが、チームでは結果を残していますが代表になるとパッとしない感じがする時もあります。

 

日本と世界の差、この辺りから縮めていかなければいつになっても追いつき追い越せないと思います

 

ではまた!旅好きサッカー少年ゆうきでした!