読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

旅するニートによる「成り上がり日記」

職業「ニート」がなぜ?好きな時に旅をすることが出来るのか?その答えをこのブログに書いていきたいと思います。もちろん、旅先の情報も書きますので!

夏ばかりではない!オーストラリアの冬を楽しむ方法!

こんにちわ

 

日本は今梅雨ですが、梅雨が明ければ夏がやってきます。もう楽しみで楽しみで仕方ありません。ですが、僕の大好きな国オーストラリアは今の時期冬になります。日本とば逆の季節になりますね。常に南国のイメージがありますがちゃんと冬もあります。

 

それでも、冬のオーストラリアの魅力満載。夏と違ったまた新しい顔を見せてくれるので1年中楽しむことが出来ます。それでは、冬のオーストラリアを紹介していきたいと思います。

 

 

『6月〜8月はオーストラリアは冬の時期』

常に暑い!そう思って軽い服装ばかりしていると風邪引きますよ(笑)ケアンズゴールドコーストなどの場所は今の季節も20℃を越しているところもありますが、ほとんどの場所は冬になります。場所によっては一桁になるところもありますね。

 

 

 

『オーストラリアでスキーに挑戦』

オーストラリアでスキー?あまり想像できませんよね?でも、サーフィンだけではなくここオーストラリアでスキーもすることが出来ます。冬のビクトリア州には、たくさんのゲレンデがあります。メンボルンから日帰りで楽しむことも出来ます。

 

 

 

『クジラウォッチング』

毎年冬になるとバイロン・ベイなどを通るザトウクジラの姿が見かけられます。クジラを生で見る機会なんて滅多にない機会なので是非一度体験してみてはいかがでしょうか?他にもミナミセミクジラも見かけることができます。

 

 

 

『真冬の海でのシュノーケリング

こんなこと日本じゃありえません。オーストラリアだからこそ出来ること。泳ぎたくなったら行くべきです。グレートバリアリーフに。真冬に時期でもここクイーンズランド州北部は平均気温が25度前後。まさに楽園ですね。

 

 

 

他にもまだまだたくさん、真冬のオーストラリアを楽しむ方法はあります。夏、南国のイメージが強いかもしれませんがちゃんと四季もありいろんな顔を見ることが出来ます。

 

僕自身もまだまだ見たことないものばかりで、広いオーストラリア、行くなら長期滞在がオススメですね。4日、5日でも旅行は物足りないと思います。

 

18歳〜30歳未満の方なら是非ワーホリで行ってみてください。

 

簡単に言うとワーホリは、魔法の切符です。1年間何をしていても自由。自分の好きなことをして好きなように生きていける。一度しか手にすることの出来ないものなので慎重に。

 

ではまた。オーストラリアをこよなく愛するゆうきでした。